幼稚園案内

教育方針

体験を積む中で可能性を「引き出し」「育てる」

 幼児はみな無限の可能性を持っています。
幼稚園での生活を通して、自分から興味・関心を持って環境にかかわることによって、様々な活動を展開します。
「育てる」ことは、教え込むのではなく、幼児の「心の芽」を伸ばそうとすることであると考えます。
  押し付けではなく、幼稚園の時期にしか体験できないことを日々の保育の中に取り入れています。
  友達と遊んだり、自然とふれあったり、一宮幼稚園での日々は幼児を大きく成長させます。

重点項目

  • 「あかるく」 豊かな情操
    「なかよく」 思いやり 人間関係
    「たくましく」 やる気 健康
    を合言葉に、教職員一丸となって、園児の保育につとめます。
  • 一人ひとりの園児の「よさ」を引き出し、伸ばす保育につとめます。
  • 平常の保育を通して「基本的生活習慣」を身に付ける保育につとめます。(非常勤講師を採用、複数の目で保育していきます)
  • 表現活動(体育あそび、音楽活動、英語活動)にも力を入れる保育につとめます。
  • 安全、安心に配慮した保育につとめます。